ウォーターサーバーの電気代は?

毎日必要不可欠であり、体の大部分を占める水分。その水を良質なものにすることで健康にも繋がります。安心と安全という観点だけではなく、その便利さや快適さからウォーターサーバーへの関心が増えたり、導入を考えているご家庭も増えてきました。

 

しかしそれに伴ってメリットとデメリットはもちろん、導入する際に考えなければいけないことがコストです。ウォーターサーバーの場合、無くなったら交換が必要な水が入ったボトルの料金、一部地域などでは宅配料金、メンテナンス料が必要なところもありますし、サーバーのレンタル料がかかるところもありますが、ついつい計算を忘れてしまいがちなのが「電気代」です。

 

ウォーターサーバーはお湯と冷たい水を出せる機能を有しているので、どうしても電気が必要になります。電気コードを常に挿した状態でサーバーを待機させることになるので、電気代もそれなりにかかります。

 

主な業者を調べてみると、だいたい月々1000円かかるところが多いようです。もちろん夏は冷たい水を多く使うとか、冬はお湯を多く使うといった季節によっての利用の仕方などで変動します。

 

しかし、業者によっては省エネタイプのウォーターサーバーも用意されており、それらは月々700円というところもあれば、安い所になると月々350円という電気代で済むものもあります。

 

電気代を高く感じる方もいるかもしれませんが、常時通電している電気ポットなどが必要なくなることでその分の電気代は浮きますし、冷蔵庫などに入れてある飲料水の出し入れなどもなくなるのでその分の電気代も浮きます。

 

これまでかかっていたお湯をわかすためのガス代や電気代も浮くことになりますので、ウォーターサーバーの電気代はマイナス面ばかりではありません。